健康食品のインシップ
健康コラム

2015年2月16日

PC版へ

気になるあの食品、あの成分 アミノ酸 ~バリン・ロイシン・イソロイシン~

カラダをつくる20種類のアミノ酸 必須アミノ酸 9種類 スレオニン フェニルアラニン メチオニン トリプトファン ヒスチジン リジン BCAA バリン ロイシン イソロイシン 非必須アミノ酸 11種類 アルギニン グリシン アラニン セリン システイン チロシン プロリン アスパラギン酸 グルタミン酸 アスパラギン グルタミン

アミノ酸はたんぱく質の材料

人の体の約70%は水分ですが、次に多いのがたんぱく質で、約20%を占めています。たんぱく質は筋肉や臓器などを構成するほか、酵素やホルモンの材料にもなり、体のいたるところで重要な役割を担っています。このたんぱく質の材料となるのがアミノ酸。自然界には約500種類のアミノ酸が存在しますが、人の体を構成するのは20種類。アミノ酸は共通の部品で、食べ物に含まれるたんぱく質をアミノ酸に分解し、体のたんぱく質の材料に流用しています。

体の約20%を占めるアミノ

多彩に働くアミノ酸

筋肉の主成分となるたんぱく質にはバリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸が多く含まれています。これらはBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、筋肉中の必須アミノ酸の半分近くを占めています。筋肉の増強や加齢にともなう筋力低下の予防に不可欠で、ロコモ予防には運動とロイシン高配合のアミノ酸補給が効果的だといえます。
肌や髪などの材料として美容に役立ち、また肝機能や免疫機能を支えるなど、アミノ酸は重要な働きを担っています。

関連商品

アミノ酸1000 

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party