健康食品のインシップ
健康コラム

2015年12月09日

PC版へ

北欧生まれのブルーベリーのヒミツ

北欧生まれのブルーベリーのヒミツ

北欧のスウェーデン・フィンランドはどんな国?

北極圏に近い北欧のスウェーデンやフィンランドは、夏至前後には日が沈まない日があり、逆に冬至前後には、太陽が全く顔を出さない日があります。こうした、太陽が沈まない日を『白夜』、太陽が出ない日を『極夜』と呼びます。
国土の68%が森林、19万個の湖があるフィンランドでは、美しい自然が広がり、オーロラの観測ができます。この北欧が誇る果物がブルーべリーです。

スウェーデン フィンランド

過酷な環境が作り出す豊富なアントシアニン

ブルーベリーは品種によって成分の含有量や組成に違いがあります。アントシアニン量が非常に多い品種として知られるのが、ビルベリーです。スウェーデンやフィンランドが原産と言われ、北部ヨーロッパにかけて分布している野生種で、日本では栽培することができません。

ブルーベリーのアントシアニン比較

北欧の夏は、一日中太陽の光が降り注ぐ過酷な環境下におかれます。白夜の間、常に紫外線が差し込む厳しい環境のもとで育ったビルベリーは、紫外線から身を守るため、アントシアニンをたっぷり蓄えて酸化を防ぎます。他品種はアントシアニンが皮にしか含まれていないのに対し、ビルベリーは実にも豊富に含まれています。

野生のビルベリー



ひとみ研究室 目の健康を守るアントシアニン ビルベリーにアントシアニンが多く含まれている事は分かりましたが、そのアントシアニンがどうして目に良いと言われているのか勉強しましょう。

物が見える仕組み

目から入った光は水晶体と硝子体を通って網膜に映像を結びます。その像は電気信号に変えられて脳の視覚野に伝えられます。そこで左右の目がとらえた微妙に異なる像を合成して、1つの像として認知します。視覚は目と脳の連携によって成り立っているのです。
この連携に不可欠なのが、網膜に存在するロドプシンという色素体。ロドプシンは光の刺激を受けると分解され、その信号が脳に伝達されて物が見える仕組みになっています。分解されたロドプシンは元に再合成されることで、新たな光の刺激を受けることができます。この再合成に必要なのがアントシアニンです。

目に入ってきた光が網膜にあたります。網膜にあるロドプシン(視紅)という紫色のたんぱく質が光の情報を受け取ります。ロドプシンは分解されて、光の情報を電気信号に変えます。電気信号が脳に伝わることにより“目が見える”と感じます。

ロドプシンを手助けするのがアントシアニン

ロドプシンの分解と再合成は、1秒にも満たない速さで繰り返されています。ところが、パソコンやテレビの画面を長時間見続けると、ロドプシンの再合成機能が追いつかなくなります。その結果現れるのが、目のかすみやチカチカするといった疲れ目の症状です。
アントシアニンは、ロドプシンの再合成を活性化することで、疲れ目を予防したり、改善すると言われています。また、毛様体筋の血行を良くする働きもあることから、眼精疲労の回復にも役立つと言われています。

アントシアニン 再合成を助けろ! ロドプシン

関連商品

ブルーベリー粒
ブルーベリープレミアム

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party