健康食品のインシップ
健康コラム

2015年12月09日

PC版へ

気になる!あの食品、あの成分 しょうが

気になる!あの食品、あの成分 しょうが


しょうがの辛み成分 ジンゲロール ショウガオール


体を温める辛み成分

3つの温め成分「ショウガオール」「ジンゲロール」「ジンゲロン」が、めぐりを促して、熱生産を高めてくれます。さらに、殺菌や抗酸化作用などの働きがあることもわかってきました。
近年は体温と健康の関係が注目され、現代人の低体温化が問題視されています。特にこれからの季節、冬を温かく乗りきるために生姜はおすすめの食材です。料理やドリンクに入れてしょうがをとると、体の中からポカポカと温かくなります。

代謝アップでダイエットも

漢方薬の8割近くにしょうがが使われていることからもわかるように、多くの優れた効能を誇ります。
しょうがを食べると、交感神経の働きが高まり、エネルギー消費量がアップします。新陳代謝も活発になるため、ダイエット効果も期待できます。また、しょうがには発汗作用や循環機能を活性化する作用、排尿、排便を促す作用などから、不要なものを取り除く解毒の効果があるといわれています。

自己防衛力をサポート

しょうがを食べることで体内の毒素を排出し、浄化すると同時に、外から入ってくる異物に対しての防衛機能が高まり、さまざまな疾病を予防する効果があると考えられています。体を温める効果や循環機能を高める効果もあり、免疫力の向上にもつながります。風邪をひいた場合でも、しょうがは効果的です。発汗作用によって解熱効果があり、さらに咳をおさえる、痰を取り除くなどの効果も期待されています。

しょうがパワー 免疫力を高める 白血球を増やして働きを促し、免疫力を向上させる。 胃腸の消化・吸収力を高める 胃腸の内壁の血行を良くして、胃腸の働きを活発化。 抗菌・抗ウイルス作用 風邪ウイルスや、大腸菌など食中毒菌も駆逐する。 体を温める ショウガオールやジンゲロールが血行を促し熱生産を高める。 体脂肪の燃焼を促進 ジンゲロールやジンゲロンが脂肪分解を促す。 老化防止 抗酸化作用があり、体内活性酸素を除去する働きがある。 解毒作用 発汗や排尿、排便を促し体内の毒素を排出、浄化する。

関連商品

土佐しょうが粒

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party