健康食品のインシップ
健康コラム

2016年02月19日

PC版へ

中高年に多い目の病気と症状

目の構造

視界がゆがむ加齢黄斑変性

視界がゆがむ加齢黄斑変性 視力が低下する 視野の中心部が歪む 視野の中心部が薄暗く見える

加齢黄斑変性とは、黄斑部が障害されて、見ようとする部分が見えにくくなる病気です。黄斑部は、網膜の中央にある、視力を支える重要な部分。体の中でも最も代謝が活発で、同時に活性酸素も多く発生してしまうため、抗酸化物質のビタミンCやミネラルの亜鉛が非常に多く存在するところです。また、黄斑部の中心にある中心窩というくぼみは、物の形や色などを識別する視細胞が集中しており、感度が極めて高くなっています。
加齢黄斑変性の原因は、活性酸素や血行不良が関係していると考えられています。また、テレビやパソコンなどが発する青い光は紫外線同様に、長時間あたると黄斑変性を発症する危険があります。
加齢黄斑変性が起こると、網膜の中央にある黄斑部が障害されるため、見ようとする部分(視野)がゆがんで見えたり、薄暗く見えるようになります。それに伴って視力の低下も起こってきます。痛みがなく、片方の目が障害されていても両目で見ると、もう片方の目が補って異常を感じにくくしているので、病気がかなり進行するまで自覚しにくい病気です。
加齢黄斑変性は加齢と関わりが深く、日本では近年患者が急速に増えています。
50歳頃からみられ、特に70歳以上に多くみられます。日本では男性に多く、また、喫煙者は加齢黄斑変性を起こすリスクが高いといわれています。

加齢黄斑変性には2つのタイプがある 滲出型(しんしゅつがた)加齢などでできる新生血管(もろく破れやすい血管)が原因。黄斑にできた新生血管から漏れた血液や水分で周囲の細胞が傷つき、死滅したり新生血管が黄斑を押し上げて変形することで起こります。 萎縮型(いしゅくがた)視細胞の下にある網膜色素上皮細胞や脈絡膜血管の萎縮によって、黄斑部の視細胞が障害される為に起こります。滲出型に比べて進行が穏やかで、10年、20年という年月で徐々に視力が低下していきます。

運動器の障害から生じるロコモティブシンドローム

視界がかすむ白内障 目がかすむ まぶしく感じる 眼鏡をかけても見えにくい

白内障は、透明な水晶体が濁ることで、目に入る光が散乱して、ものがかすんで見える病気。50歳代後半から増え始め、80歳代ではほとんどの人にみられます。
水晶体は水とたんぱく質で構成されていますが、たんぱく質が変性したり、水分量のバランスが崩れると濁ってきます。濁りを引き起こす原因は活性酸素と考えられています。紫外線が網膜に届くのを防ぐため、手前にある水晶体には紫外線を吸収する働きがあり、その時に活性酸素が発生。抗酸化成分のビタミンCが活性酸素を除去しようとしますが、除去しきれないと水晶体に濁りが生じます。

視界が欠ける緑内障

視界が欠ける緑内障 視野が欠ける 自覚症状がないまま進行 眼圧が正常でも油断禁物

緑内障は、眼圧が上がることなどが原因で、ものを見るための神経「視神経」が圧迫されて視野が欠けたり、視力低下が進む病気です。
眼圧とは、目の内側の圧力=目の硬さのこと。眼圧は房水という液体によって一定に保たれていますが、房水の循環が悪くなって目詰まりを起こして目の中にたまると眼圧が高くなります。
しかし、日本人には正常眼圧でも発症するケースがあります。原因ははっきり解明されていませんが、危険因子として家族歴(遺伝)、強度近視、血行障害などがあげられています。放置していると失明につながることがあります。

目に良い成分をとろう! ブルーベリー 視神経の働きを活性化させるアントシアニンが豊富。アントシアニンには強い抗酸化力があり、活性酸素を防ぐとともに、目の毛細血管を強く、しなやかにします。さらに、血管拡張による血流促進作用で疲れ目にも期待。 DHA 目の網膜細胞に多く含まれており、細胞膜を柔らかくして情報伝達をスムーズにすることで視力の改善や維持に役立つと期待されています。青魚などに豊富なn-3系の多価不飽和脂肪酸で、血中中性脂肪を減らす働きも。 ルテイン カロテノイドの一種で、緑黄色野菜やマリーゴールドなどの花に含まれる成分。抗酸化作用や青色光線を吸収する作用によって目の組織の保護に働きます。黄斑変性症や白内障を予防する効果が期待されています。

関連商品

ブルーベリー粒
ブルーベリープレミアム
ルテイン
DHA(ドコサヘキサエン酸)

参考文献:
山口康三 著『ほんとうは治る防げる目の病気 食事と漢方 症例別改善プログラム』
NHKテレビテキスト『きょうの健康』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party