健康食品のインシップ
健康コラム

2016年04月18日

PC版へ

自分そして家族のために・・・認知症を知る

自分そして家族のために・・・認知症を知る

人はなぜ忘れるのか

加齢によるもの

人の知的能力は40~50歳代頃まで伸び続け、その後は下降線をたどるといわれています。年をとれば体の様々な部分が衰えてくるように、脳の働きも低下。物忘れは誰にでもみられる老化現象です。

認知症によるもの

一方、認知症による物忘れは脳の病気で、記憶や思考、判断など知的機能に支障をきたし、社会活動を営むことが困難になる状態を認知症と呼びます。認知症は、次のような原因となる病気があって起こります。

認知症高齢者の現状

認知症を引き起こす病気

アルツハイマー病

認知症を引き起こす代表的な病気で、認知症全体の7~8割を占めます。脳が萎縮して機能が低下し、記憶できなくなると考えられています。原因はまだ不明ですが、脳の損傷、活性酸素、特定の遺伝子タイプを持つたんぱく質などがリスク因子になると考えられます。

レビー小体型

脳細胞に特殊なたんぱく質などからなるレビー小体という物質が沈着して発症。「幻視」や「うつ症状」、動作が遅くなる、転びやすくなる、などのパーキンソン様症状が起こり、日や時間によって症状に変動がみられるのも特徴です。レビー小体型認知症は、認知症とパーキンソン病が合併したような病気です。

脳出血

脳卒中の発作で脳の神経細胞が死滅すると、認知症の症状が現れます。発作で急激に神経細胞が死滅する場合は、始まりが比較的はっきりしていますが、脳の小さい血管にいくつもの梗塞が起こる多発性脳梗塞により認知症になる場合は、発症時期がはっきりしません。

認知症になりやすい人は?

加齢・遺伝

アルツハイマー病の有病率は、65歳以上で5歳上がる毎に倍増するといわれます。年をとることは認知症の最も大きなリスク因子の一つ。親兄弟にアルツハイマー病患者がいる人は、いない人より危険率が3.5倍高くなるとされています。

頭部の外傷

頭に繰り返し衝撃を受けるスポーツは、アルツハイマー病のリスク因子に。ボクシングをはじめアメリカンフットボール、サッカー、相撲などをしている人は注意が必要です。意識を失うような大きなけがを頭部に負った場合も要注意。

頭部への衝撃はアルツハイマー病の原因になる?

生活習慣病

中年期(44~58歳)に最大血圧が160mmHg以上あった人は正常な血圧の人に比べてアルツハイマー病の危険率が2.3倍。また、コレステロール値が260mg/dl上の脂質異常症だった人は正常値の人に比べて危険率が2.1倍になります。

進行を遅らせるために初期の症状を見逃さない

話に「あれ」「それ」が増える

年をとって記憶力が減退すると、人や場所などの名前を忘れて「あれ」「それ」「あそこ」などの代名詞か多くなるのは健康的な物忘れですが、話の内容にそぐわないピントはずれの受け答えをするようになったら認知症と考えられます。

人柄が変わったように見える

今まで持っていたその人らしさがなくなり、全く別の人格が現れたように見えます。穏やかな人柄から、意味もなく怒るようになったり、陽気で笑顔の絶えない人があまり笑わなくなったり。活気がなくなり、表情が乏しくなると要注意。

関心がなく投げやりになる

物事に対して関心や興味を失ったように見えます。好きだったテレビを見なくなる、打ち込んでいた趣味をやらなくなる、など。生活面では部屋を乱雑なままにしたり、やりかけの家事を投げ出したり。料理をしなくなることもあります。

家族が気づいた、始まりのころの症状


認知症にならないために 年をとってぼけてしまう人と、80歳を超えても生き生きと過ごす人。その差をつくる要因がライフスタイルです。認知症を生活習慣病の一つと考えると、防ぐ方向が見えてきます。生活習慣を見直してリスク因子を減らしましょう。

生活習慣を見直す 規則正しい食事、適度な運動と休養が生活習慣病予防の大原則。若々しい脳を保つためにも不可欠です。

運動をする 運動をすると神経細胞間で情報が飛び交い、脳が活性化します。また、血行が良くなって、脳への血流が増えます。適度な運動は、血管のつまりや血栓、ドロドロ血液が原因となる生活習慣病の予防にもつながります。おすすめの運動は、簡単にできるウォーキング。今日から始めませんか。足の筋肉には、血管がはりめぐらされ「足は第二の心臓」といわれています。歩くことで脳に運ぶ酸素が増えて活性化。散歩より少し早いスピードで毎日続けましょう。


ブレインフードを摂取する

DHA 青魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸。低温水域に生息する為、脂肪が-45℃になるまで固まらず液体を保つ性質があります。これは動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸が固まりやすいのと対照的で、めぐりをよくする働きの要因です。DHAは情報伝達や記憶、学習能力を司る場所に多く含まれ、神経細胞間で情報伝達する部位の材料に。体内で合成できないため、食事から摂る必要のある必須脂肪酸です。

いちょう葉 30種類以上のフラボノイドが含まれ、強い抗酸化力を発揮。血管拡張の働きを維持するほか、血流をなめらかに保つと期待されています。特殊成分ギンコライドにもめぐりを滑らかにする働きがあり、記憶や思考力に関与する細胞への酸素不足や死滅を防ぎ、記憶力や加齢に伴う思考力の問題をサポートすると言われています。また、冷えやコリ、動脈硬化など生活習慣病の予防・改善、脳機能の維持や向上が期待できます。

レシチン レシチンは脳内で情報を伝える神経伝達物質「アセチルコリン」の原料となり、特に記憶や学習に関係し、不足すると認知障害などを起こすと言われています。レシチンを補給すると脳が活性化し、認知症予防に役立つと期待されています。また、レシチンには乳化作用があり、血管の掃除をすることでコレステロールが血管壁に沈着するのを防ぎ、動脈硬化を予防するといわれています。

関連商品

DHA(ドコサヘキサエン酸)
いちょう葉エキス
大豆レシチン

参考文献:
吉岡 充 監修『新版 認知症・アルツハイマー病』
渡辺 登 著『いますぐできる!ボケにならない暮らしのテクニック』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party