健康食品のインシップ
健康コラム

2016年10月21日

PC版へ

体の中からぽっかぽか!「温活」習慣をはじめよう

ぽかぽか体質で 代謝が高まる 免疫力が高まる めぐりがよくなる

年齢や男女を問わず増え続ける冷え性人口。「冷え」が原因の症状は多く、肩こり・腰痛だけでなく、うつ病など「心の冷え」にもつながります。「冷え」解消には「温め」が一番。温活習慣で体も心もポカポカに!

温活習慣1 ストレスを軽減しよう

日々のストレスがある水準を超えると交感神経が優位になり「緊張のホルモン」アドレナリン等が過剰に分泌されます。すると全身の血管が収縮して血行が悪くなり、体温が低下して免疫力も低下します。体と心はつながっていて、心が疲れたとき体を温めると血流が良くなり「幸せホルモン」セロトニンが分泌されます。

温活習慣2 体を温める食材を摂ろう

体を温める食材は、寒い地域で産出され、寒い季節が旬のもの。色は暖色(赤・黒・黄・橙)で味が濃く、水分が少なく硬い食感のもの。調理時に生姜などの香味野菜や唐辛子、こしょうなどスパイスを活用すると、血管が広がって脂肪が燃焼しやすくなり、体温が上昇。味噌やしょう油などの発酵食品もおすすめです。

体を温める食材 かぼちゃ にんじん 唐辛子 みそ 紅茶 生姜 体を冷やす食材 きゅうり コーヒー トマト 牛乳 マヨネーズ バナナ

温活習慣3 体をうごかそう

エネルギーを利用することで熱が生み出され、体温の維持に使われます。特に筋肉から体温の40%以上が発生。大きな筋肉を使う運動をすると効果的で、下半身を動かすウォーキングは特におすすめの運動です。

1日の目標歩数

温活習慣4 サプリメントを取り入れよう

食生活だけで冷えを防ぐのは困難。そこでおすすめなのがサプリメント。めぐりを良くする成分いちょう葉のエキスやオメガ3系の脂肪酸などを使用したサプリを利用しましょう。

しょうが ビタミンE いちょう葉エキス

関連商品

土佐しょうが粒
ビタミンE
いちょう葉エキス

参考文献:
川嶋 朗 監修『Dr.クロワッサン「冷え」は万病のもと 冷えとり温活で健康長寿!』
山口 勝利 著『冷え性治してキレイにやせる』
石原 結實 著『病気しらずの体をつくる 石原式冷え取り健康法』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party