健康食品のインシップ
健康コラム

2017年06月21日

PC版へ

夏バテに負けない体へ!

これから夏本番を迎えますが、体調管理は大丈夫でしょうか? この季節は食欲も落ちて、淡泊な食事に偏りがちですが、それでは体力がつきません。夏だからこそ、栄養を効率よく補って夏バテに負けない体をつくりましょう。

暑さによる体力の消耗に食欲不振が追い打ち!

人の体には、環境の変化に応じて体温を一定に保つ仕組みがあります。しかし過酷な暑さのもとでは、その仕組みが崩れて深刻なトラブルを引き起こします。汗を大量にかくと体力は消耗し、水分とナトリウムなどのミネラルが奪われます。水分が不足すると血液の濃度が高まることで血流が滞り、血栓ができやすくなると脳梗塞など血管疾患の危険が高まります。
ナトリウムは体の機能を調節しているため不足すると全身に支障をきたします。食欲不振もそのひとつ。食欲がなくなると、さっぱりした麺類を食べがちですが、栄養が偏り、さらに体力が落ちる悪循環に陥ります。
夏は湿度も高く、体に熱がこもり暑さからくるバテを起こしやすくなります。睡眠不足になると、さらに疲労蓄積の原因となります。

野菜の摂取量はまだ足りない!1日あたりの野菜類摂取量(20歳以上) 現代人は1日の野菜類摂取量の目標350gを摂れていない。

日本人は野菜不足

野菜の理想摂取量は1日約350g以上。食事だけで目標値を満たすのは難しく、現実には日本人の野菜摂取量は平均281.9gに留まり、全ての年代で野菜不足が深刻化しています。例えば、1日に必要な食物繊維の目標量は18g以上、ビタミンCなら100mg以上とされています。しかし、野菜は調理時に栄養素の量が減ることが多い上、近年は土壌の変化により野菜自体の栄養素が減っているため、日々の食事だけで摂取目標量をクリアするのは困難です。
そこで注目されているのが、野菜の栄養が手軽に摂れる健康補助食品の青汁や、栄養の宝庫といわれているクロレラ。いずれも多くの栄養素がギュッと凝縮されているので夏バテ予防には効果的です。

1日に必要な栄養素を摂るのは大変!食物繊維の1日摂取目標量=18g以上 にんじんだと約6本 ピーマンだと約26個


緑のチカラで夏バテ知らず!不足した栄養素をチャージしよう!桑の葉 カルシウムや鉄分、カロテンなどが豊富。特有の成分、デオキシノジリマイシン(DNJ)にブドウ糖の吸収を抑える働きが期待されている。 大麦若葉 葉緑素(クロロフィル)やビタミン、ミネラルが豊富。アミノ酸や酵素も含まれ、細胞で起こる酵素反応や生体機能を円滑にする。 クロレラ アミノ酸が豊富。さらに炭水化物、ビタミン、ミネラル、クロロフィルなど多種多様な栄養素が含まれ、生活習慣病予防に役立つ。 ケール 食物繊維や葉緑素、ビタミン、ミネラルが豊富。中でもβカロテンとビタミンCを多く含むため、強い抗酸化作用が期待できる。 明日葉 明日葉を切ったときに出る黄色い汁はカルコンとクマリンという成分で抗酸化作用があり、巡りの滞りを抑える働きが期待されている。健康に不可欠な栄養素が豊富に含まれている!

関連商品

国産青汁粒
クロレラ

参考文献:
吉田企世子 監修 『安全においしく食べるためのあたらしい栄養学』
厚生労働省 『平成27年国民健康・栄養調査』
厚生労働省 『日本人の食事摂取基準(2015年版)』
文部科学省 『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』
女子栄養大学出版部 『調理のためのベージックデータ』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party