健康食品のインシップ
健康コラム

2017年07月21日

PC版へ

知って得する!家庭の胃学

知って得する!家庭の胃学

食べ物が胃液(胃酸や消化酵素)と混ぜられて、さらに分解されていく ぜん動運動の働きが悪いと胃もたれなどになってしまうよ!胃はたった1つの臓器。大切にしよう!

胃のはたらき 食べ物を混ぜる 粘膜から分泌される胃液を食物になじませ、ぜん動運動で混ぜてかゆ状にする 食べ物の消毒 強酸性の胃液は食物についている雑菌を殺し、食物の腐敗や、菌が腸に侵入するのを防ぐ たんぱく質の消化 消化酵素であるペプシンによって、たんぱく質を分解する アルコールの吸収 飲酒したアルコールの一部を吸収する 食物の一時貯蔵と十二指腸への送り出し食道から送られてきた食物を一時的にためて、消化の進行にあわせて十二指腸へ送り出す

加齢とともに減少する胃粘液

胃粘液は、胃を守るバリアとしての役割を担っています。主な役割は次の通りです。
●胃粘膜表面を覆って潤滑性を保ち、摂取した食べ物や、胃が自ら作り出す胃酸などの接触によって起こる粘膜の損傷を防ぐ。
●食物を包んで混和し、ぜん動運動を助けて胃の消化作用をサポート。
●危険な菌に対して抗菌作用を発揮し、侵入を防ぐ。
●炎症を抑制して胃の健康を守る。
胃は、加齢とともに萎縮して機能も低下してしまいますが、それにともない胃粘液の分泌も低下します。さらに、ストレスやアルコール、薬剤、胃酸の過剰な分泌など、日常的な刺激によっても減少することがわかっています。
また、慢性的な胃炎症状を持つ人は、胃粘液の減少傾向がさらに強いと言われています。
エネルギー源となる栄養素を、腸で吸収しやすくするために消化する胃を健康に保つためにも、これらの刺激をできるだけ避けることが大切です。

胃の不快感の原因 ストレス 外傷や出血によるショック 菌による胃粘膜障害 アルコール、刺激性食品による胃粘膜障害 薬による胃酸の増加、粘膜の減少

胃の健康をサポートする注目の成分「フコイダン」

フコイダンは、モズクなどの海藻類のネバネバ成分に含まれる水溶性の食物繊維です。このネバネバは海藻類に欠かせない成分で、激しい潮の流れで傷ついた時に傷を保護したり、微生物に食べられないようバリアの役割を果たします。また、干潮時に藻体が乾燥するのを防ぐなど、海藻自身の保護のためにあると考えられています。

フコイダンのこの自己防衛機能が人にも優れた力を発揮。特に外部から摂取した栄養分を消化、吸収する胃や腸は異物との遭遇機会が多いため、有害物質の侵入を防ぐシステムが強く働きます。フコイダンを摂取することで体内の正常な細胞を強化。逆に有害な細胞に対し、その有害な細胞が自滅するよう働きかけます。また、危険な菌を低減させる働きも期待されています。

フコイダン摂取で胃の不快感が緩和

関連商品

フコイダン

参考文献:
安藤幸夫, 西尾剛毅 監修 『胃腸・肝臓などのしくみと病気がわかる事典』
奧恒行 編集 『健康・栄養化学シリーズ きそ栄養学(改訂第3版)』
NPO日本サプリメント協会 著 『サプリメント健康バイブル』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party