健康食品のインシップ
健康コラム

2017年08月25日

PC版へ

夏のダメージを冬にもちこさない!

紫外線でダメージを受けた肌をそのままにしていませんか?乾燥する冬を迎える前にお肌のリセットを! 夏の疲れが肌の老化を進める前に、美肌成分をしっかり補充して労りましょう。日々の小さな意識の積み重ねが美肌を守ります。

紫外線が大きなダメージを与える!

●紫外線の種類

太陽光線の約半分が可視光線からなり、5%が紫外線、残りは赤外線です。日光は「暑い」「まぶしい」というイメージがありますが、暑いと感じるのは赤外線によるもので、まぶしく感じるのは可視光線です。紫外線はその波長によってA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)に分かれますが、地上に届くのはA波とB波のみ。暑くもまぶしくもないので、浴びている実感がなく、うっかり日焼けしてしまいます。

●肌への影響

A波は長波紫外線と呼ばれ、エネルギーは弱いもののジワジワと肌の奥へ浸透し、真皮層のコラーゲンを破壊してシワやたるみを引き起こします。雲を通過しやすいので、曇りの日でもUVAの照射量はあまり減りません。
B波は短波紫外線と呼ばれ、皮膚の表面で水ぶくれを起こすなど、皮膚へのダメージが強力です。
A波同様コラーゲンの老化を引き起こしますが、雲やガラスなどである程度遮られます。

湿度と気温の低下に要注意!

夏は湿度も気温も高く、汗や皮脂も多く分泌されるため、肌が潤っていると錯覚しがち。しかし冬になると湿度も気温も下がり、肌が乾燥しやすくなります。
健康な肌では角質層(表皮の一番表面にある層)に約30%の水分が含まれますが、これが30%以下になったのが「乾燥肌」。気温が下がり、空気が乾いて湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。ただし、人の肌には水分を守る「保湿成分」が存在し、それがきちんと働いていれば、湿度が0%になっても水分は蒸発しません。保湿成分をつくる力が低下すると、肌は乾燥してしまいます。さらに、保湿成分は年齢とともに生産量が低下。角質層の水分量も同時に減り、年を重ねると肌は乾きやすくなっていくため、早めの対策が必要です。

肌のターンオーバーは加齢とともに低下

「ターンオーバー」とは、入れ替わるというような意味ですが美容分野では特に、表皮の生まれ変わりのことを指します。表皮細胞が基底層(表皮の中の最下層)のところで新しく生まれ、約28日かけて角質化し、最後は垢としてはがれていく、このサイクルをターンオーバーと呼びます。
肌が生まれ変わる大切なターンオーバーですが、残念ながら年齢とともに速度が落ちてしまいます。
40代になると約40日かかるといわれています。このため表皮にできた傷の治りも遅く、シミもできやすくなります。肌がくすむ、硬くなる、乾燥がなかなか治らないといった状態は、ターンオーバーの速度が落ちてきている証拠かもしれません。

40代を超えると水分・皮脂ともに激減!
年代別、肌の水分量と皮脂量

美肌成分でしっかり対策を!

スクワレン 深海鮫の肝油から抽出される物質で、深海鮫エキスとも呼ばれています。スクワレンは人の皮脂や食物油にも存在し、体中に酸素を補給したり、新陳代謝の活性化を促す重要な役割を果たしています。無色無臭で、皮膚への浸透性が高いことから、化粧品としても広く利用されています。セラミド 皮膚の表面「表皮」のバリア機能を支える天然保湿成分。角質層でレンガ(細胞)をつなぎとめるセメントのような働きをするのがセラミドです。年齢とともにセラミドの量が減少すると水分量も、バリア機能も低下します。

ビタミンC  抗酸化作用や美容効果が期待できるビタミン。シミやシワ、肌荒れを防ぎコラーゲンの生成を助けるほか、免疫力の向上が期待できます。レモンやカラーピーマンなどに多く含まれます。コラーゲン 肌のコラーゲンは真皮に存在。ゴムのように弾力を持った線維ですが、加齢などで劣化すると古くなったゴムと同様に弾力を失います。フカヒレやサケ(皮付)、トリの皮に多く含まれます。 ヒアルロン酸 肌では真皮に存在し、コラーゲンなど網目構造の間を埋め尽くして弾力を支えています。年齢とともに減少し、真皮の水分も減ってしまいます。

関連商品

深海鮫エキス(スクワレン)
ピーチセラミド
ビタミンC
コラーゲン粒
コラーゲンプレミアム
ヒアルロン酸

参考文献:
吉木伸子 著 『素肌美人になるためのスキンケア基本事典』
吉木伸子 著 『美肌のひみつ』

© 健康食品のインシップ
Web Design:Template-Party